ウーマン

美容整形で新しい自分に生まれ変わろう|女子のお悩みサポート

女性特有の悩みを解決

女の人

女性特有の悩みとして挙げられるのが、バストの悩みです。バストが小さくて悩んでいる、乳頭が大きくて悩んでいる、など人それぞれ悩みは異なります。自分のバストの悩みは、友達や家族に相談しづらいため、1人で頭を抱え込んでいるという人も多いです。岡山で美容整形を行なえば、そのようなバストの悩みを解決することが可能です。バストが小さい、形が悪い、という悩みを解決できる美容整形が人工乳腺法です。人工乳腺法とは、シリコンやジェルを含んだ人工乳腺を、ワキなどから挿入して、バストアップをするという豊胸術です。大きさや形などは、体型とのバランスを見ながら選ぶことができるので、理想の仕上がりになりやすいです。ただ、いくらバストアップをしたいと言っても、体型に合わないシリコンバッグを入れてしまうと堅いバストになってしまうので注意したほうが良いです。1カップ~5カップ以上バストアップができますし、長期間バストが大きい状態を維持することができます。

バストが小さくて悩んでいる女性もいれば、バストが大きくて悩んでいる女性もいます。岡山の美容外科で、乳房縮小術を行なえば、余分な皮膚のたるみや脂肪を取り除いて、バストをサイズダウンすることが可能です。下がった乳腺を引き上げて固定するので、体型や骨格のバランスに合った美しいバストになります。バストを小さくするだけではなく、左右のバストの大きさや乳輪の大きさの違いが気になるという状態も改善できるので、岡山の美容整形外科に相談してみると良いでしょう。

バストと同じように、人に言えない悩みとして、女性器の悩みが挙げられます。デリケートな部分なので、1人で悩みやすく、なかなか人には相談しづらいものです。岡山の美容外科の中には、女性専門医師や女性スタッフが担当について、カウンセリングをしてくれるところもあります。女性同士なので、恥ずかしがらずに相談できますし、不安も解消しやすいです。大陰唇が大きくて気になる、陰部の黒ずみが気になる、という場合は大陰唇縮小術を行なうと良いでしょう。大陰唇が肥大している箇所や、黒ずんでいる箇所を切除、縫合して綺麗に整えることができます。ダウンタイムは1週間~2週間程度で、20万円~40万円程度の費用がかかります。ダウンタイムを短くしたいなら、脂肪吸引をするという方法もあります。大陰唇を1センチ程度切開した後に、細い吸引管で余分な脂肪を吸引します。

女性器の悩みは、大きさや黒ずみ、臭いなどさまざまあります。女性器から不快な臭いがする場合は、すそわきがの可能性があります。すそわきがとは、女性器からわきが臭が発生する状態のことです。わきがの原因となるアポクリン汗腺は、デリケートゾーン付近にもあるので、嫌な臭いを発生させてしまうのです。下着に黄色い汗ジミがついていたり、耳垢が湿っていたりすると、すそわきがの可能性が高いので注意したほうが良いです。ボツリヌストキシン治療や切開手術などの美容整形を行なえば、すそわきがは改善できます。ボツリヌストキシン治療とは、ボツリヌストキシンを注射して、発汗を抑えることで、臭いを軽減できる治療です。メスを使わずに治療できるというメリットがありますが、根本的な原因を改善できるわけではありません。ただ、繰り返し注射を行なえば、ほとんど臭いは気にならなくなります。切開手術では、皮膚に数センチ程度切開をして、アポクリン腺を確認しながら専用の器具で除去するというものです。わきがの手術では切開手術が一般的に行なわれていますが、すそわきがではアポクリン腺が確認しづらいので、主流とはなっていないです。岡山の美容外科を利用すれば、バストや女性器などの女性特有の悩みも解決できます。1人で悩むのではなく、まずはカウンセリングを受けて相談してみると良いでしょう。